Menu
富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック 富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック 富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック 富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック

マイクロパルス閾値下凝固

NEWS!

最新の黄斑浮腫の網膜レーザー治療 マイクロパルス閾値下凝固
従来と違うマイクロパルス閾値下凝固(レーザー)を導入しました。

通常のレーザー 網膜光凝固の目的
1) 網膜剥離の治療
2) 網膜などの血管の病気の治療
3) 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などに併発する緑内障、網膜剥離、硝子体出血の予防
4) 網膜浮腫・黄斑浮腫の治療
マイクロパルス閾値下凝固(レーザー)による網膜浮腫・黄斑浮腫の治療
1) 通常のレーザーと比べ副作用が少ない
2) 通常2-3分で治療が終わる
3) 欠点として硝子体注射より治療効果は少ない
4) 通常のレーザーと比べ、黄斑浮腫、網膜浮腫の治療が中心と限定的
黄斑浮腫の治療の選択肢の一つとなります

網膜・黄斑浮腫の治療

網膜・黄斑浮腫の原因として糖尿病や網膜静脈閉塞などの病気があります。浮腫とは網膜が腫れている状態のことで視力低下の大きな要因となるため、現在では様々な治療が行われています。薬物治療、レーザー治療、硝子体手術を単独または併用で行われています

1.薬物治療(硝子体注射など)
 眼に薬剤を注射する現在の主流の治療です。使用する薬剤によっては高額な治療で一般には生命保険の給付対象外です。数か月に1回の治療の継続が必要なことが多いです。
2.硝子体手術 
3.レーザー治療
浮腫の形態によっては選択される。やや効果は弱いが、上記の治療を望まない場合にも行われます

従来の網膜・黄斑浮腫のレーザー治療

現在でも浮腫の原因である血管異常に対しては効果的なため行われています。また浮腫に対して直接レーザー治療を行うこともありますが、網膜に障害を来して視野や視力の悪化をきたすこともあります。

マイクロパルス閾値下凝固とは

この新しいレーザー治療は従来の方法より網膜への障害を可能な限り低くしながら浮腫を減少させ,視力を改善させる治療方法です。また、網膜の下に水が貯まる疾患に対しても効果が期待できます

マイクロパルス閾値下凝固の利点

副作用が少なく、数分で行え、他の治療と併用が可能であり、生命保険の対象となっていることから、選択しやすい治療です