Menu
富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック 富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック 富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック 富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック

OCTアンギオグラフィー

NEWS!

最新の眼底検査機器 OCTアンギオグラフィー
従来と違う最新のOCT(Optical Coherene Tomography:光干渉断層計)を導入し、造影剤を使用しない血管撮影が可能になりました。
黄斑変性や糖尿病網膜症の状態の確認や治療方針が速やかに判断できるようになりました。現在、2台のOCTで検査を行っています

通常の造影眼底検査では
1) やや検査の時間がかかる
2) 造影剤には副作用がある
OCTアンギオグラフィーでは
1) 簡単に検査ができる
2) 造影剤を使用しないため、造影剤特有の副作用が存在しない
3) 欠点はやや撮影範囲が狭い
通常の検査ではわからない病気の診断や治療方針に非常に有利です。

従来の網膜の血管検査

以前から網膜の血管の検査として眼底造影検査が行われています。 腕の血管から造影剤を注射して眼底写真をとることにより、眼底の血管の情報が得られます。 しかし、やや検査の時間がかかる、造影剤には血圧低下や吐き気などの副作用が生じることがあるなどの欠点があります。

OCTアンギオグラフィーとは

血管の中を流れる血液の動きと動きのない部分の差から血管形態(血管の狭窄、糖尿病などにおける新生血管の発生など)から造影剤を用いた撮影に近い画像を得られようになりました。これにより加齢黄斑変性で見られる新生血管の位置を特定したり、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞での血管閉塞や網膜新生血管を観察できるようになり、レーザー治療等の施行の判断が用意になりました。
また、緑内障診断に必要な視神経乳頭内の毛細血管の評価にも使用されています。

OCT

OCTアンギオグラフィーの長所と欠点

長所は造影剤特有の副作用が存在しないこと、数分で検査が終了するので予約なくとも簡単に行えることです。
欠点として、通常の眼底造影検査よりもやや撮影できる範囲が狭いことです。

当院のOCTアンギオグラフィーの特徴

他社のOCTでは広範囲の撮影には複数回の検査スキャンが必要ですが、当院が導入した最新のトプコン社のOCTでは他社が4-5回必要な撮影をたった1回で広範囲をスキャンできます。 しかも、その1回の検査も速いため負担が少ないことが特徴です。

対象疾患

黄斑変性、網膜静脈閉塞、糖尿病性網膜症、緑内障など

検査の費用

初診日、即日検査が可能です。特に予約の必要はありません。

1割負担の方400円 2割負担の方800円 3割負担の方1200円   /平成30年現在

OCT